メニュー

JOGMECホーム

地熱貯留層評価・管理技術蒸気や熱水の安定的な生産に向けて、
地熱貯留層への涵養実験を行っています。

涵養による地熱貯留層最適化・安定化概念図

日本の地熱発電所では、必要な量の蒸気や熱水を安定的に生産できないため、発電出力が変動しているケースが見られます。

地熱貯留層評価・管理技術では、地熱貯留層の状況や経時変化を詳細に把握しながら、地熱貯留層へ人工的に涵養※を行う実証実験および数値シミュレーションを通じて、地下における蒸気・熱水の流動状況の評価精度を向上させることで、蒸気・熱水の生産量の最適化・安定化を図ります。
※涵養:地表の水が、地下の地層(帯水層または貯留層)に浸透する現象。

本実証試験は福島県の柳津西山地熱発電所において行っています。実証試験にご理解ならびにご協力をいただいた地元柳津町、東北電力株式会社をはじめ関係者各位にお礼申し上げます。

貯留層評価・管理技術実施内容およびスケジュール

貯留層評価・管理技術実施内容およびスケジュール

涵養井の掘削と注水試験中の涵養井