メニュー

JOGMECホーム

調査概念図及び計測システム

空中重力偏差法探査では、ヘリコプターの機内に、計測装置を搭載し、上空約150mの高度を時速90 kmで飛行します。機体後部にはそれぞれ1対(2個)のレーダー高度計とレーザースキャナーが取り付けてあり、データ解析に用いる高度・地形の情報を取得します。

時間領域空中電磁探査及び空中磁気探査の2つの探査では、直径約30mのループ状アンテナを地上100mの高さにつり下げたヘリコプターで、約150mの高度を時速70kmで飛行させることにより、同時に電磁及び磁気のデータを取得します。

調査概念図

時間領域空中電磁法/空中磁気法 計測システム

空中重力偏差法、空中電磁法/空中磁気法

駐機中のAGG搭載機

AGG調査(臨時ヘリポートを離陸)

HeliTEM調査(計測飛行中)

着陸直後のHeliTEM搭載機

空中重力偏差法 計測システム

使用ヘリコプター機材(AS350-B3)

探査装置の冷却装置

探査装置

記録装置と電源部