メニュー

JOGMECホーム

世界のこれから

1992年、国連で気候変動枠組条約が採択されてから、「地球温暖化防止」は世界共通のキーワードになっています。再生可能エネルギーへの期待が大きく高まる中で、2000年代以降、世界の地熱発電の開発は急速に拡大し、現在も成長を続けています。

躍的成長を遂げる世界の地熱動向

世界でも地熱発電への注目は高まっています。2015年には世界の地熱発電設備容量は1,200万kWを超え、2020年には2,100万kWを超えると試算されています。

設備容量で見ると、第1位のアメリカが2015年350万kWから2020年560万kW、第2位のフィリピンが2015年190万kWから2020年250万kW、その他の国々も拡大が見通されており、中でもケニアの大躍進が注目されます。

また、ヨーロッパでは活火山のないドイツの積極的な動きに注目です。地熱資源の少ないドイツでは、3,500mの深部から低温の熱水を汲み上げてバイナリー発電を開始しており普及に向けて、固定価格買取制度で支援しています。

地熱大国として成長を続けるアイスランドのスヴァルスエインギ地熱発電所(左)とヘストリヘイジ地熱発電所(右)。一見すると発電所に見えない外観が特徴的。景観に配慮した発電所の先進例である。

世界の地熱発電動向

※ 1万kW=10M
出典:Geothermal power generation in the world 2010-2014 update report,Ruggero Bertani

国名 設備容量(MW) 発電量(GWh/year)
2010年 2015年 2020年(予想) 2010年 2015年
アメリカ 3,098 3,450 5,600 16,603 16,600
フィリピン 1,904 1,870 2,500 10,311 9,646
インドネシア 1,197 1,340 3,500

9,600

9,600
メキシコ 958 1,017 1,400 7,047 6,071
ニュージーランド 762 1,005 1,350 4,055 7,000
イタリア 843 916 1,000 5,520 5,660
アイスランド 575 665 1,300 4,597 5,245
ケニア 202 594 1,500 1,430 2,848
日本 536 519 570 3,064 2,687

2010年・2015年の設備容量と発電量及び2020年の設備容量の予想値

出典:Geothermal Power Generation in the World 2010-2014 Update Report, Ruggero Bertani