メニュー

JOGMECホーム

報告会

JOGMEC地熱部 平成25年度事業成果報告会 開催実績

1.開催日時
平成26年6月13日(金) 10:00〜17:40
2.場所
虎ノ門ツインビルディング地下1階大会議室
3.参加者数
241名(JOGMEC地熱部職員除く)
地熱事業者、コンサルティング会社、削井会社等の地熱業界関係者をはじめ、行政、大学、電気事業、重電メーカー、金融関係などから定員を超す参加者を迎えた。
4.プログラム及び配布資料

配布資料は下記よりPDFでダウンロード可能。

平成25年度事業成果報告会資料

日時:平成26年6月13日(金)10時〜(9:30〜受付開始)
場所:虎の門ツインビルディング地下1階大会議室

報告件名 動画 報告者
地熱広報業務報告〜地熱技術者教育用映像制作を中心に〜 youtube JOGMEC 地熱開発課担当調査役
高橋由多加
地熱開発動向とJOGMEC地熱事業総括報告 youtube JOGMEC 特命参与・地熱部長
中島英史
地熱貯留層評価・管理および地熱貯留層探査に関する技術開発への取り組みと計画について youtube JOGMEC 地熱技術課長
島田忠明
地熱貯留層評価・管理技術
「人工涵養による地熱 貯留層管理技術の開発と実証に向けて」
youtube 地熱技術開発(株) 取締役技術部長
岡部高志
地熱貯留層探査技術
「地熱地域における反射法データの最新技術による断裂系イメージング
youtube (株)地球科学総合研究所 研究開発部物性解析グループ長
青木直史
地熱資源ポテンシャル調査の概要
「空中重力偏差法(AGG)の測定方法とデータ処理について」
「AGGデータの既存地熱調査との比較について」
youtube JOGMEC 地熱探査課担当調査役
久谷公一
住鉱資源開発(株) 資源調査本部長
千葉昭彦
住鉱資源開発(株) 資源調査本部 技師長
水落幸広
木地山・下の岱地域調査で適用したS波スプリッティング解析について youtube 東北水力地熱(株)技術部
高橋智広
地熱技術開発(株) 技術部長代理
佐藤龍也
武佐岳地域の地熱井における新しい掘削技術の適用結果について
その1 PDCビット
その2 高出力ダウンホールモーター
youtube 石油資源開発(株)環境・新技術事業本部 新技術開発部 担当部長
岡田浩明
エスケイエンジニアリング(株)  削井部 掘削主任
東修平
地熱技術開発(株) 取締役技術部長
岡部高志
松尾八幡平地域 構造試錐井MH-1の透水性改善作業について youtube 岩手地熱(株)技術部長
梶原竜哉
NEDOにおける地熱発電関係の技術開発
 ・NEDOにおける地熱発電技術研究開発の取り組み状況
 ・地熱発電所に係る環境アセスメントのための硫化水素拡散予測数値モデルの開発
- NEDO新エネルギー部 主査
吉田明生
(一財)電力中央研究所 環境科学研究所 主任研究員
佐藤歩
小規模地熱発電のうち温泉発電導入促進のための手引書作成について youtube (一財)エンジニアリング協会 地熱プロジェクト推進室 主席研究員
木内勉
諸外国の地熱発電普及促進制度調査報告 youtube 有限責任監査法人 トーマツ エンタープライズリスクサービス ディレクター
西本匡利
5.参加者アンケートの結果

(1)全体を通しての満足度

満足度を5段階で評価いただいた結果、95%が満足もしくはやや満足の回答であり、高い評価を得た。

(2)関心を惹いた報告

特に関心を惹いた報告を伺ったところ、上位5件は以下の通り。
1)地熱資源ポテンシャル調査
2)人工涵養による地熱貯留層管理技術の開発と実証に向けて
3)諸外国の地熱発電普及促進制度調査報告
4)地熱地域における反射法データの最新技術による断裂系イメージング
5)武佐岳地域の地熱井における新しい掘削技術の適用結果について

(3)参加者の自由記入コメント

「興味深く参考になった」、「最新技術のことを聞けた」、「情報公開の場としてよかった」、「来年も継続開催を希望」など総論的なポジティブ評価は多数。
要望意見は、以下のとおりであり、次回企画の参考としたい。

【報告内容】
・コスト面の報告があるとありがたい(同意見有)
・全体として何をやっているかと一つ一つの報告のつながりがクリアになればよりわかりやすい
・現段階で何をめざせば地熱発電が加速するのか、わかりにくいと感じた
・今回は技術について的が絞られていたが、地元や電力会社との関係についてもプレゼンが欲しかった。

【報告方法、事務運営など】
・各開発地点については、もう少し時間をかけて聞きたい
・イントロと本説明の重複があった
・報告者の話すスピードが速く、専門用語の説明が不足して内容を十分に理解できないことがあった(類似意見有) ・時間オーバーが多すぎた(類似意見多数)
・有料でもカラーの配布資料がほしい(類似意見多数)
・配布資料はデータで事前入手したい

6.報告会の状況
活発な質疑があり、終了予定時刻を30分超過。報告会の様子は、ニュースリリース(2014年6月20日)及び以下の動画を参照。