メニュー

JOGMECホーム

報告会

平成27年度地熱部事業成果報告会

1.開催日時
平成28年6月3日(金)10:00~15:45
2.場所
虎ノ門ツインビルディング地下1階大会議室
3.参加者数
189名
行政、大学、研究機関、石油、金属、削井、重電、コンサルティング、商社、金融等多岐に亘る地熱関係者。
4.プログラム及び配布資料

配布資料は下記よりPDF(カラー)でダウンロード可能。

平成27年度地熱部事業成果報告会

報告件名 動画 報告者
JOGMEC地熱部事業概要報告 youtube JOGMEC 地熱部長 西川信康
【調査】空中物理探査の調査概要と調査結果事例 youtube JOGMEC地熱部担当調査役 亀山正義
住鉱資源開発(株)資源調査本部長 千葉昭彦
【技術開発】弾性波探査ガイドブックの紹介 youtube (株)地球科学総合研究所 研究開発部 物性解析グループ グループ長 青木直史
【技術開発】柳津西山地点涵養試験の進捗状況 youtube 地熱技術開発(株) 探査部長 佐藤龍也
【技術開発】地熱井掘削用PDCビットの開発 youtube JOGMEC地熱部専門調査員 都築雅年
三菱マテリアル(株)中央研究所 薄膜材料研究部 主任研究員 宮下庸介
【債務保証】土湯温泉バイナリー発電所の事業概要と運転状況 (株)元気アップつちゆ
代表取締役社長 加藤勝一
【債務保証】菅原バイナリー発電所の事業概要と運転状況 九電みらいエナジー(株)
菅原バイナリー発電所長 永濱順浩
【NEDO】次世代地熱発電技術の全体像 youtube 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット 研究員 米倉秀徳
5.参加者アンケートの結果

(1)全体を通しての満足度

満足度を5段階評価いただいた結果、92 %が満足もしくはやや満足の回答であり、高い評価を得た。

開催挨拶 JOGMEC特命参与 児嶋 秀平

(2)関心を惹いた報告

特に関心を惹いた報告を伺ったところ、上位3位までの結果は以下の通りであり、発電事例、新たな調査成果、 地熱技術の将来に関心が高かった。
(1)【債務保証】土湯温泉バイナリー発電所の事業概要と運転状況
(2)【調査】空中物理探査の調査概要と調査結果事例
(3)【NEDO】次世代地熱発電技術の全体像

(3)参加者の自由記入コメント

「JOGMECの取り組み、事業者の生の声、地熱の未来の話などを聞けて参考になった」、「次年度も参加したい」など 報告会全体への肯定的なコメントは多数。
今後、報告を望む主な事項として下記があげられた。
・重力偏差法のデータ
・掘削技術の課題
・バイナリー発電の実績
・弾性波探査の失敗例と課題など
またプログラム、運営面等への要望としては以下などがあり、今後の参考としたい。
・幅を狭めてもう少し特定した話題を掘り下げても良い
・マイナス面の言及、問題点の掘り下げも欲しい
・小規模発電等、裾野を広げる活動をお願いしたい