メニュー

JOGMECホーム

報告会

平成28年度地熱部事業成果報告会

1.開催日時
平成29年6月8日(木)13:30~17:45
2.場所
虎ノ門ツインビルディング地下1階大会議室
3.参加者数
269名(地熱部在籍者除く)
行政、大学、研究機関、大使館、石油、金属、削井、重電、コンサルティング、商社、金融等 関係者。
4.プログラム及び配布資料

配布資料は下記よりPDF(カラー)でダウンロード可能。

報告件名 報告者
JOGMEC地熱部事業概要報告 JOGMEC 地熱部長 西川 信康
【技術開発】平成28年度 地熱貯留層 探査技術開発の成果 JOGMEC 地熱部地熱技術課
毛利 拓治
【技術開発】地熱貯留層探査技術開発(弾性波探査)の第1回実証試験の成果 (株)地球科学総合研究所 
研究開発部 次長 青木 直史
【技術開発】地熱貯留層探査技術における地熱探査用SQUITEMの開発(システム設計) 三井金属資源開発(株) 
探査技術部長 渡辺 英久
【空中物探】地熱資源調査等を目的とした時間領域空中電磁探査および空中磁気探査データの評価と解析法の検討 公益社団法人 物理探査学会常務理事
千葉 昭彦
【技術開発】地熱井掘削用PDCビットの開発(事業概要) JOGMEC 地熱部地熱技術課 
石丸 卓哉
【技術開発】地熱井掘削用PDCビットの開発 三菱マテリアル(株) 中央研究所
薄膜材料研究部 主任研究員 
宮下 庸介
【技術開発】地熱貯留層評価・管理技術の成果『人工涵養による生産能力向上を目指して』 JOGMEC 地熱部地熱探査課 
課長代理 大石 隆行
【技術開発】地熱貯留層評価・管理技術の成果『柳津西山地点涵養試験の進捗状況』 地熱技術開発(株) 取締役技術部長
岡部 高志
【事業開発】松尾八幡平地域における地熱開発 岩手地熱(株) 業務部長 高橋 昌宏
【研修事業】地熱資源開発研修・掘削技術研修の実施報告 JOGMEC 地熱部地熱技術課 
課長代理 石川 信明
5.参加者アンケートの結果

(1)全体を通しての満足度、理解度の評価

5段階評価の結果、満足度は91 %、理解度は93%の高い評価を得た。

参加者アンケートの結果円グラフ満足度91%

参加者アンケートの結果円グラフ理解度93%

(2)関心を惹いた報告

 特に関心を惹いた報告を伺ったところ、上位3位までの結果は以下の通りであり、発電事例、新たな調査、成果報告など、今後の地熱技術についての関心が高かった。

(1)【事業報告】松尾八幡平地域における地熱開発
(2)【技術開発】地熱貯留層探査技術開発(弾性波探査)の第1回実証試験の成果
(3)【技術開発】地熱貯留層評価・管理技術の成果 『柳津西山地点涵養試験の進捗状況』

(3)参加者の自由記入コメント

 「JOGMECの取り組みの強化、地熱業界の動きを周知して欲しい、最先端の調査技術、開発現場の貴重な話が聞けて良かった」、「成果報告会は新しい技術を触れるとともに懇親会で情報交換・交流の場としても非常に有意義を提供していただいている」など 報告会全体への肯定的なコメントは多数。今後、報告を望む主な事項として下記があげられた。

  • 有益な情報が多く来年の成果報告会にも参加したい。特にSQUITEM/PDC/人工涵養の進捗が気になっている
  • 掘削技能者の養成や掘削ビットの改良などの地道な活動とともに、2040年、2050年の地熱発電のあるべき姿を示しJOGMECの強力な指導力を期待します。
  • 技術開発の計画年数が短いように思う(特にPDCビット)研究は是非継続してください。
 またプログラム、運営面等への要望としては以下などがあり、今後の参考としたい。

  • 質問時間の増加。
  • 事業者のアイデア、独自の取組みへの一層の後押しを今後ともお願い致します。
  • 成果報告会は新しい技術を触れるとともに懇親会で情報交換・交流の場としても非常に有意義を提供していただいていると思います。