第11回ふくしま再生可能エネルギー産業フェア(REIFふくしま2022)出展報告

1.開催日時

令和4年10月13日(木)~10月15日(土)10時00分~17時00分(最終日は16:00まで)

2.場所

ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)

3.来場者数

3日間で延べ6,512名、出展者数 約155企業・団体

4.主催

福島県、(公財) 福島県産業振興センター、地球にやさしい“ふくしま”県民会議

5.出展目的

福島県において再生可能エネルギーに対し高い関心を持つ方々の多数の来場が見込まれ、最も訴求力・波及効果を持つ展示会であると考え、地元はじめ関係先へ機構の事業等を具体的に発信することは、さらなる地熱資源開発への理解促進のため多大な意義があると考えられるため。

6.出展結果

(来場者の反応)
アンケート結果によると、回答者250名の中で地熱発電の仕組みに対する認知度は54%と低かったものの、理解度97%という高評価を得ることができました。

 石油など天候に左右されない発電に凄く魅力を感じました。Co2も出ないという事なので環境にも配慮できていて良かったです。
模型を使用して分かりやすく説明して下さった。とても興味を持てて聞いていて面白かった。
地熱発電の仕組みを知る事ができた。電気を使うと重くなることを体験することができて理解が深まった。
などの感想をいただきました。

7.マスコミ関係

福島中央テレビ(ニュース内で放映)

8.アンケート結果

アンケート結果グラフ

9.写真

出展の様子

PAGE TOP