みょうこう環境フェア2019 新潟県妙高市 出展報告

1.開催日時

令和元年10月5日(土)9時00分~16時00分

2.場所

新井総合コミュニティセンター2階大会議室

3.参加者

親子連れを中心とした一般来場者約100名

4.主催

新潟県妙高市

5.出展目的

地熱資源の有望な地域として期待されている妙高市において、経済産業省の地熱理解促進事業として勉強会「妙高山地熱大学」の開催(2018年度~)や、JOGMECによるヘリコプターを使った地熱資源ポテンシャル調査が実施されてきました(2017-18年度)。これらに加えて、一般市民の地熱の認知度と理解を促進できるよう、同市主催の「みょうこう環境フェア2019」に出展して、環境にやさしい地熱発電を紹介したものです。

6.開催結果

JOGMECの一般向け展示説明について、同市内で地熱資源量調査を検討中の基礎地盤コンサルタンツ、大林組の協力を得て共同で実施しました。
若年層とその家族連れが主な来場者層でしたが、模型による体験的な展示を楽しんでいただきながら、地熱発電のしくみや妙高市内の地熱資源への期待について説明し理解いただきました。また、妙高市の地熱担当の職員や場内他ブースの展示者にも説明・意見交換を行い、地熱展示を通した若い世代への環境・エネルギーや地域産業の教育機会の充実可能性についても情報交換することができました。
ブース来訪者のアンケート結果から、妙高地域への新たな地熱理解活動の一つとして相応の効果はあったものと評価しています。

7.アンケート結果

出展の様子

PAGE TOP