再生可能エネルギーとは

持続可能な社会へのキーワード 再生可能エネルギーとは?

現在、日本をはじめ世界各国の主要なエネルギー源となっている石油や石炭などの化石燃料に対し、地熱、バイオマス、風力、太陽光、水力などは持続的な利用が可能な「再生可能エネルギー」です。

これらは大出力化に課題はあるものの、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となるCO 2をほとんど排出しません。また、外国からの輸入に頼ることがないため、エネルギー自給率の向上にもつながります。

地熱発電

写真提供:九州電力株式会社

昼夜を問わず24時間安定的に発電でき、長期間の操業が可能です。開発期間が10年以上と長期にわたり、開発コストも高額になりますが、日本には大きな地熱のポテンシャルがあるため、大規模開発に向けて期待が寄せられています。

太陽光発電

太陽光発電の導入で、ドイツとともに世界をリードしてきた日本。
天候により発電量が左右されますが、住宅・工場・公共施設・未利用地などへの普及が拡大しています。また、固定価格買取制度により急激に導入件数が増加しました。

風力発電

欧米諸国に比べると導入が遅れたものの、日本は2000年以降、導入件数を伸ばしています。昼夜を問わず発電でき、大規模化することでコストも抑えられ、国内では適地が北海道、東北地方に多くあります。

バイオマス発電

生物資源を利用して発電を行っており、日本では太陽光発電に次いで大きな発電量を誇ります。廃棄物の削減にも貢献できる一方、原料の安定供給確保、収集・運搬・管理コストなどの課題があります。

中小水力発電

写真提供:東京発電株式会社

水力発電は安定した信頼性の高い電源です。大規模水力発電は国内に新たな適地がなく、中小規模の開発が進められています。多くの未開発地点がありますが、開発コストなどが課題となっています。

PAGE TOP