アメリカ(インペリアル・バレー)

NEFのパンフレットをもとに作成しております。

アメリカは世界第1位の地熱発電国です。地熱発電所のほとんどが西部カリフォルニア州ガイザース、同南部インペリアル・バレー、及びネバダ州ベーズン・アンド・レンジの各地域に分布します。

インペリアル・バレー
地域名 ユニット数 設備容量(MW)
ガイザース 23 1,548
インペリアル・バレー 95 453
ベーズン・アンド・レンジ 59 456
その他 13 88
190 2,545

インペリアル・バレー

インペリアル・バレー

この地域は太平洋プレートとアメリカプレートの境界にあります。塩濃度の高い熱水卓越型の地熱地帯が発達しており、その対策を施した地熱発電所が数多く運営されています。

ソルトン・シー

ソルトン・シー

高い塩濃度で有名なソルトン・シーの湖畔にあり、還元熱水のスケール除去装置を設置しています。

出力 運転開始年
10MWx1基 1982
18MWx1基 1990
47.5MWx1基 1989
54MWx1基 1988
58MWx1基 1999

デル・ランチ

デル・ランチ

蒸気のエネルギーを有効に利用する(ダブルフラッシュ)方式の地熱発電所です。また、設備が標準モジュール化されています。

出力 運転開始年
35.8MWx1基 1989

バルカン

バルカン

ダブルフラッシュ方式の地熱発電所で、高圧と低圧のタービン発電機を持ち、還元熱水のスケール除去装置も備えています。(高圧タービン、低圧タービンそれそれ1基)

出力 運転開始年
27.7MWx1基 1985
8.9MWx1基 1985

ブローリー

ブローリー

熱水を減圧して得られる(フラッシュ)蒸気を用いたアメリカ初の地熱発電所です。塩分濃度の高い蒸気によるスケールを防ぐ(リボイラー)方式も採用されています。

出力 運転開始年
10MWx1基 1980

イースト・メサ

イースト・メサ

発電所から排出される熱水を利用した玉ネギ・ニンニクの乾燥工場が近くにあります。

出力 運転開始年
18.5MWx1基 1989

ヒーバー

ヒーバー

アメリカで初めてのダブルフラッシュ方式の地熱発電所で、熱効率の向上を図っています。

出力 運転開始年
52MWx1基 1985

PAGE TOP