イタリア

NEFのパンフレットをもとに作成しております。

イタリアは地熱発電発祥の地です。地熱発電所は、トスカーナ地方の周辺に集中しており、ラルデレロ、トラヴァーレ・ラディコンドリ、モンテ・アミアタ、ラテラの4地域に大きく分類されます。

イタリア/ITALY
地域名 ユニット数 設備容量(MW)
ラルデレロ 36 547
ラディコンドリ 9 90
モンテ・アミアタ 10 112
ラテラ 4 40
59 789

ラルデレロ

ラルデレロ

世界の地熱発電発祥の地です。ボマランチェ、カステルヌオボ、モンテロトンド、モンテヴェルディなど二十数基の地熱発電所が運転されています。過熱蒸気による蒸気卓越型の貯留層をもち、1979年から貯留層の枯渇防止のために地表の水を還元しています。

出力 運転開始年
60MWx3基 1991-95
20MWx11基 1985-98
15MWx3基 1969-75
12MWx6基 1946-60
8MWx3基 1981-83
6.5MWx1基 1960

モンテ・アミアタ

モンテ・アミアタ

地熱発電所から排出される熱水は、熱交換器を通して大規模な温室に利用されています。

出力 運転開始年
20MWx5基 1987-98
8MWx1基 1969

PAGE TOP