澄川地熱発電所

東北電力(株)および三菱マテリアル(株)のパンフレットをもとに作成しております。

澄川(すみかわ)地熱発電所(出力50,000kW)は、平成7年3月に運転を開始しました。東北では6番目。全国では14番目に完成しました。

澄川(すみかわ)地熱発電所
名称 澄川(すみかわ)地熱発電所
所在地 秋田県鹿角市八幡平字熊切留平
認可出力 50,000kW
蒸気部門 三菱マテリアル株式会社
発電部門 東北電力株式会社
運転開始 平成7年3月2日
発電方式 シングルフラッシュ

地熱発電とは

熱発電所のタービン・発電機をまわしているのは「地熱」です。いいかえれば、地球がボイラーの役目を果たしていると考えればよいでしょう。
地下数キロメートルには、マグマ溜り(高温溶岩)があり周辺の岩石を加熱しています。ここに地表からしみ込んだ雨水や地下水がマグマによって熱せられ、高温の蒸気や熱水となって「貯留層」と呼ばれる割れ目や岩石の隙間に蓄えられます。地熱発電では、この貯留層に貯まっている蒸気を生産井で取り出し、蒸気の圧力でタービン・発電機をまわして電気を作っています。使用後の蒸気は温度を下げ、水に戻して地下に戻されます。
地熱発電は、この繰り返しで電気を作っているので火山国の日本にふさわしい発電方式と言えます。

自然にやさしい心配り

大気汚染対策

蒸気中に含まれる硫化水素は冷却塔の中で多量の空気で薄め、上昇拡散させ濃度の低減を図っています。

排水対策

熱水、冷却排水、そして全ての浄化槽等により処理した一般排水は、還元井によりすべて地下深部へ還元しています。

騒音・振動対策

機械類の屋内配置や低騒音型の機械を採用し、騒音対策を図ります。振動の発生する機械類は、高性能の小型のものを採用し、基礎を強固にする等の対策を図っています。

自然環境との調和

発電所の設置にあたっては樹木の伐採範囲を最小限にとどめ、構内に適切な緑化を行いながら、建物の形状・色彩について留意するなど自然環境との調和に配慮しています。

発電所の位置

周辺マップ
海抜1,062mにある日本一高い地熱発電所

開発の経緯

昭和54年 三菱金属(株)(現三菱マテリアル(株))は澄川地区における地熱発電所建設を目標に探査計画を立案。
昭和56年 三菱ガス化学(株)と共同で本格的な調査を開始。
平成2年 1年間にわたる環境影響調査を実施。
一斉噴気試験実施。
東北電力(株)と基本協定を締結。
平成4年3月 第120回電源開発調整審議会にて澄川地熱発電所計画を了承。
平成7年3月 営業運転を開始。

特徴

発電能力

地熱発電は、稼働率を約80%と見込んでおり年間3億5千万kWと想定しています。

蒸気の温度

地下深部では約300度、地上では約150-170度、発電所で使うときには150度となっており、発電後は約45度の温水となります。

蒸気の発生量

1時間あたり約400トンです。

基地の配置

敷地面積:183,223平方メートル、主蒸気輸送管延長:1,528m

設備の概要

澄川地熱発電所では、生産井から噴出した流体を各生産基地に設置した気水分離器で蒸気と熱水に分離し、蒸気は発電所へ、熱水は還元基地に導きます。

蒸気井

地下深部から蒸気と熱水からなる地熱流体を地表に取り出します。

蒸気井

コントロールバルブ

各還元井への流量をコントロールしています。

コントロールバルブ

還元井

熱水および冷却排水の全量を地下に戻しています。これらの流体は地下深部で加熱され、生産井から再び蒸気として取り出されます。

還元井

蒸気輸送管を通って発電所へ導かれた蒸気は、タービン・発電機を駆動して発電します(シングルフラッシュ方式)。役目を果たした蒸気は復水器で凝縮され、冷却塔でさらに冷やされた後、再び復水器に送られて冷却水として再利用されます。

これらの設備はコントロール・システムで集中監視・制御されています。

シングルフラッシュ方式

地熱の構造

地熱の構造

澄川周辺の地熱系モデル

澄川地域は、八幡平、焼山等の東西系の火山列の北側に位置し、地表下約1,000mの岩盤の温度は200度を超えています。地表はこれら火山の噴出物(200万年前以降の火山岩)に覆われていますが、その下には、南北に延びる陥没と隆起の構造等があり、それらの構造にともなった割れ目が岩盤中に発達しています。割れ目中には天水を起源とする熱水が存在し、地下深部の高温のマグマ溜りから供給された熱と火山性発散物による熱せられ、流動していると考えられます。また、浅部には、難透水層(湖成堆積物・地熱変質帯)があり、地表付近の地下水が深部へ浸透するのを防いでいます。深部熱水は、蒸気と熱水に分離され、発電に使用された後、還元井により、再び地下深部の熱水対流系に戻されます。

タービン・発電機
冷却塔
発電所本館

トピック

蒸気タービン第1段ノズル付着防止

世界で初めて蒸気タービン第1段ノズルに水冷却方式を採用し、タービン等へのスケール付着防止を実現しました。

蒸気タービン第1段 ノズル付着防止

PR施設の紹介

参考

自然の中のエネルギー館

発電所本館に隣接して澄川地熱発電所PR館があります。地熱発電のしくみや、電気の使われ方など、自然とエネルギーの関わりを紹介しています。

澄川地熱発電所PR館
澄川地熱発電所PR館内

PAGE TOP